車の汚れをキレイにする方法

外観を綺麗に保ち維持する事は、車を所有する人や見る人にとって大切な事ですし、綺麗な車を運転出来る喜びが生まれますから、常に見た目を気にする事は必要です。
高価で高性能な車であっても、見た目一つで印象は変化しますから、雨が降った後は水滴が付着しますし、路面の水溜りが車体に影響を与えます。
車の外に注目してお手入れする事と同様に、車内の汚れに対する気配りも同乗者を考えると欠かせず、快適な空間を過ごして貰う為のマナーですから、汚染の原因となる物を持ち込まない事が習慣化される必要があります。
車内での食事も汚染原因になりますし、特に小さな子供は食べ物で汚しますから、普段から綺麗な食事を指導する事や、車を汚くしない過ごし方を教える事も大切です。
子供に限らず大人も車を利用しますし、清潔に使用しても外部から汚い空気は侵入するので、埃を取り除くお手入れを行う事や、空気を入替えて目に見えない汚染物質を減らす工夫が重要です。
アルコールを含んだウェットティッシュは、除菌能力や効果を持っていますし、気軽にお手入れできるグッズの一つですから、使いたい時に取り出して何時でも掃除が行えます。
内部と外観の両面を綺麗にする事が出来れば、車の清潔さを保ち何時でも快適なドライブを楽しめます。テニス03

Filed under: 未分類 — orannge 2:39 PM

マットで防げる騒音

車は騒音の発生源が様々ありますから、音に対応した対策を行う事が大切ですし、原因を探り一つずつ対策する事によって、ストレスの原因となる音を小さくする事が出来ます。
人が発生させる音については対策が行い易いですから、靴の摩擦が音の原因ある場合はマットが有効なので、摩擦を小さくする製品を利用する事により、不快な音を減少させる事が可能です。
物を落とした場合も音が発生するので、足元に落ちる場合の対応が行えますし、大切な物を保護する効果もありますから、摩擦の小ささだけではなく衝撃を吸収する素材である事も役立ちます。
車内から発生する音に関しては、プラスチックが原因の場合は少なくないので、摩擦を低下させるスプレーが役立ちますし、悪影響が小さく長期的に効果を発揮するシリコーンスプレーが一般的に使用されます。
総合的に音の対策をする事が大切なので、出来る事から始める行動力が必要ですし、音に不快感を持つドライバーは珍しくなく、様々な音に対するグッズが販売されています。
快適性を向上させる事が目的ですから、長時間過ごす車内はストレスを溜めない事が重要であり、問題を解消しリラックスして過ごせる必要があるので、全体を見直す事が問題の特定と解決に結び付きます。テニス02

Filed under: 未分類 — orannge 2:38 PM

テープで防げる騒音

車は基本的に道路を走行させるものなので、走っているときは多少はロードノイズを拾います。道路の凹凸具合や砂や障害物の有無によってロードノイズの大きさも変わってくるため、走っている道路によってノイズの程度も変わることになります。ただし、高級車であればあるほど車内の騒音処理にも工夫がされています。またそういった部分が車両価格の差にもつながっています。高級車で無い場合の騒音対策としては何点かあります。まず一番基本的な対策としては、テープなどで音が入ってこないようにすることです。例えばドアとドアの間に隙間があるような場合は、厚み1センチ程度のものを貼ることによってかなりのノイズを防ぐことができるようになります。すべての隙間をふさぐのは難しいですが、大まかな部分を実施するだけでかなりの効果があります。また、2つ目としては、ドア内貼りをはがして静音シートを張ることです。静音シートはカー用品店でオーディオ関連の場所に売っていることが多いです。値段もそこそこするのですが、これを貼ることでかなりの清音化を図ることができます。騒音が少なくなると日頃の運転も楽しくなり、また耳障りな音が減ることで運転も楽になります。テニス01

Filed under: 未分類 — orannge 2:38 PM

車内の騒音対策グッズを活用しよう

自動車は静かな室内ならとても快適に走行できます。特に長時間、長距離を運転する場合、意外と音が疲れを増してしまうのです。
このような騒音を少なくする方法があります。
室内に聞こえる音として、主に風きり音、ロードノイズ音、エンジン音があります。
風きり音はその名のとおり車が走行することで空気との摩擦音です。低速走行ではほとんど気になりませんが、高速道路を走行するとかなり大きな音がします。
ロードノイズ音は路面とタイヤが接触している音です。これは路面のおうとつや粗さによって音が発生します。
エンジン音はボンネット内にあるエンジンからの吸気や排気、回転の音です。エンジンを高回転に回すとかなり大きな音が発生します。
このような音を防ぐための対策グッズもあります。風きり音には車体にエアロを取り付けるという方法もありますがやや高価です。
簡単な方法はドアとピラーの隙間を埋めるということです。ドアの内側を見るとゴムが貼り付けてあるのですが、これと同じようにゴムを取り付けてより隙間を少なくするという方法です。
エンジン音の対策としてはボンネットの裏側に吸音シートを取り付ける方法があります。また室内側にも取り付けるとより効果があります。
ロードノイズ音はタイヤを低ノイズタイプのものに変える方法もあります。フェンダー内やフロア底面にコーティングをして防音する方法もあります。ダンベル

Filed under: 未分類 — orannge 2:37 PM

カタカタ音がするときの対策

自動車を日頃使っていると、カタカタ音がすることがあります。仕事で使っている車ならばあまり気にならないのでしょうが、自分の車でそれも大事に乗っている車だとカタカタと音がすると気になることがあります。また、毎日乗るものですから、一度気になりだすとずっと気になります。多くの原因がピラーや内貼りドアのゆるみ、ガタつきが原因とするものです。ドアポケットの中にものが入っていた、グローブボックスの中に何か入っていたということもありますので、まずはそこに何も入っていることがないのかを確かめましょう。何も入っていないことが確認できたら、ピラーや内貼りにガタつきがあるのか無いのかを調べてみます。強く動かせば多少はガタつくのが普通なので、軽く動かしてみてガタつきがあるのかないのかをみてみます。少し触れただけなのにガタつきがあるときはそこが音の原因になっていることがあります。保証が切れているものならネットで外し方を調べて自分でしっかり固定しましょう。保証が残っている車なら、購入先で事情を説明し、対応してもらいましょう。なお、この類のクレームは販売店で多くありますので、事情を話し、その現象が確認できれば、ある程度は対応してくれることが多いです。ダーツ04

Filed under: 未分類 — orannge 2:36 PM

車内を静かにするには

車はエンジンで走行する乗り物ですから、エンジン音を止める事は出来ませんが、防音の工夫を行う事によって、車内に外部からの騒音侵入を防止出来ます。
ノイズとなる音を防ぐ為には、静音を考える事が大切ですし、完全に音が聞こえなくする事は難しくても、不快となる音を小さくする事は可能です。
ドアや車体にある空洞を防ぐ事により、密度を高めて音の伝わりを弱く出来ますし、車体の重みが増すと音の響き方が鈍りますから、結果的に音を小さくして騒音を防止します。
外部からの音が小さく出来たとしても、車内では音が発生しますから、反響音を減らす事により不快感を減らせますし、静かな空間で長時間を過ごす事が実現します。
車に加工を行う音の対策は、徹底的に隙間を埋めて音を防ぐ事が重要ですし、隙があると音は侵入しますから、対策を行う場合は十分に予算を掛けて実現する事が必要です。
車の老朽化によっては摩擦音が発生しますし、軋みを感じる音は不快ですから、音の発生源を特定して対策する必要があり、摩擦を止めるテープを貼る事や潤滑剤の塗布を行います。
音の刺激は視覚と同様で周囲から影響を受けますし、長時間のドライブには快適性がストレスを減らす為に見逃せない要素です。ダーツ03

Filed under: 未分類 — orannge 2:36 PM

運転における花粉症の弊害

花粉症が国民病と呼ばれるようになってもう長くなります。この病気は杉やひのきなどの花粉が鼻に入ることで、体がそれを異物だと認識して攻撃する、というのが原因です。アレルギーの一種で、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが起きてしまいます。

この病気は運転にとっても大きな弊害があります。目のかゆみやくしゃみはドライブの大きな邪魔になってしまうからです。

症状自体が邪魔をしなくても、ドライバーの集中力を落としてしまいますので、安全運転を妨げる原因にもなります。

対策としてはこれまでは決定的な治療法がありませんでした。漢方薬の小青竜湯や葛根湯は鼻炎などに有効です。また、ビフィズス菌や乳酸菌は腸内環境を整えて免疫のバランスを良くして、アレルギー反応を抑えることがわかっています。

目の痒みを抑えるためには目薬があり、眼科などで処方してもらえます。マスクや鼻の入り口の塗るクリームは花粉が鼻に入る量を減らせるので、効果が期待できます。

最近では症状を軽減できる新薬も登場しましたので、試してみてはいかがでしょうか。

なお、自動車のエアコンに花粉をカットするフィルターを搭載している車種もありますので、これも有効な対策になるはずです。ダーツ02

Filed under: 未分類 — orannge 2:35 PM

愛車が砂まみれになる原因と対策

車が趣味、愛車「命」という人はとても多いと思います。そんな人は車を毎週のように洗車をしてワックスをかけます。ガソリンスタンドの洗車だと機械のブラシで細かいキズがつくからといって、自宅でホースとスポンジを持ってこつこつと自分で洗う人もいます。洗車を終えてワックスをかけて、ピカピカになった愛車を眺めることはとても楽しいことです。さて、それだけ労力をかけてピカピカにした愛車ですが、洗車・ワックス後、日を追うごとに汚れてゆきます。雨の日に走ってしまえばデレデレに汚れてしまうのは当然ですが、まったく走らず駐車したままにしても汚れは積もってゆきます。原因の1つは砂ほこりです。どんなに天気のよい日でも砂ほこりは舞っています。カーポートがあっても積もってゆきますし、青空駐車ならなおのことでしょう。ワックスをかけた日なら、布で軽く拭き取ればすぐに落とすことができます。ですが、夜露を浴びて濡れてしまうとこびりついてしまいます。こびりついてしまったら拭き取ってはいけません。かえって傷になってしまいます。一番の対策はカーシートをかぶせてあげることです。そうすることで愛車のきれいさは長持ちします。裏側が起毛になっていれば車のボディーにもソフトタッチです。注意点は、カーシートが風で飛ばされないよう足元を付属のヒモでしばっておくこと。そして、ボディーに砂が溜まってしまったらカーシートでこすれてキズになってしまうので、カーシートの使用はやめてまた洗車をすることです。カーシートをこまめに使用して愛車をきれいに保ちましょう。ダーツ01

Filed under: 未分類 — orannge 2:35 PM

花粉と黄砂は飛んでくる仕組み

埃は軽い程風に流され易いですし、風量が大きければ遠くまで飛びますから、花粉も埃と同様に軽いですし、黄砂についても風に対する乗り易さが広範囲に影響を与えています。
落下した埃やゴミは地面に付着しますし、定着すると再び飛び上がる可能性は低いですが、乾いた空気であれば再度飛び上がり易くなるので、一度で飛ばされるよりも更に遠くまで舞います。
黄砂は車や都市に影響する汚れとして考えられているので、影響が汚れだけではなく健康面でも心配されますし、自宅や車内は閉め切って黄砂を避けますが、換気は常に必要な空気の入れ替えです。
小さくて軽いゴミは隙間を通り易いですし、通常の換気扇やエアコンでは室内に入り込みますから、フィルターを追加して被害を減少させる必要があり、大気の空気汚れに対する備えが重要です。
市販の空気清浄機は小さなゴミに対応したフィルターを搭載していますから、換気と併用して空気の清潔さを保てますし、エアコンを追加すると温度と湿度の調節も行えるので、総合的に快適な空間を実現出来ます。
車用の対策製品も登場しているので、フィルターは比較的導入し易い価格で販売されていますし、小型の空気清浄機は車内に置いても邪魔になりませんから、自宅の室内と同様の対策が行えます。スポーツ会場

Filed under: 未分類 — orannge 11:28 AM