車内の騒音対策グッズを活用しよう

自動車は静かな室内ならとても快適に走行できます。特に長時間、長距離を運転する場合、意外と音が疲れを増してしまうのです。
このような騒音を少なくする方法があります。
室内に聞こえる音として、主に風きり音、ロードノイズ音、エンジン音があります。
風きり音はその名のとおり車が走行することで空気との摩擦音です。低速走行ではほとんど気になりませんが、高速道路を走行するとかなり大きな音がします。
ロードノイズ音は路面とタイヤが接触している音です。これは路面のおうとつや粗さによって音が発生します。
エンジン音はボンネット内にあるエンジンからの吸気や排気、回転の音です。エンジンを高回転に回すとかなり大きな音が発生します。
このような音を防ぐための対策グッズもあります。風きり音には車体にエアロを取り付けるという方法もありますがやや高価です。
簡単な方法はドアとピラーの隙間を埋めるということです。ドアの内側を見るとゴムが貼り付けてあるのですが、これと同じようにゴムを取り付けてより隙間を少なくするという方法です。
エンジン音の対策としてはボンネットの裏側に吸音シートを取り付ける方法があります。また室内側にも取り付けるとより効果があります。
ロードノイズ音はタイヤを低ノイズタイプのものに変える方法もあります。フェンダー内やフロア底面にコーティングをして防音する方法もあります。ダンベル

Filed under: 未分類 — orannge 2:37 PM