車内を静かにするには

車はエンジンで走行する乗り物ですから、エンジン音を止める事は出来ませんが、防音の工夫を行う事によって、車内に外部からの騒音侵入を防止出来ます。
ノイズとなる音を防ぐ為には、静音を考える事が大切ですし、完全に音が聞こえなくする事は難しくても、不快となる音を小さくする事は可能です。
ドアや車体にある空洞を防ぐ事により、密度を高めて音の伝わりを弱く出来ますし、車体の重みが増すと音の響き方が鈍りますから、結果的に音を小さくして騒音を防止します。
外部からの音が小さく出来たとしても、車内では音が発生しますから、反響音を減らす事により不快感を減らせますし、静かな空間で長時間を過ごす事が実現します。
車に加工を行う音の対策は、徹底的に隙間を埋めて音を防ぐ事が重要ですし、隙があると音は侵入しますから、対策を行う場合は十分に予算を掛けて実現する事が必要です。
車の老朽化によっては摩擦音が発生しますし、軋みを感じる音は不快ですから、音の発生源を特定して対策する必要があり、摩擦を止めるテープを貼る事や潤滑剤の塗布を行います。
音の刺激は視覚と同様で周囲から影響を受けますし、長時間のドライブには快適性がストレスを減らす為に見逃せない要素です。ダーツ03

Filed under: 未分類 — orannge 2:36 PM