運転における花粉症の弊害

花粉症が国民病と呼ばれるようになってもう長くなります。この病気は杉やひのきなどの花粉が鼻に入ることで、体がそれを異物だと認識して攻撃する、というのが原因です。アレルギーの一種で、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが起きてしまいます。

この病気は運転にとっても大きな弊害があります。目のかゆみやくしゃみはドライブの大きな邪魔になってしまうからです。

症状自体が邪魔をしなくても、ドライバーの集中力を落としてしまいますので、安全運転を妨げる原因にもなります。

対策としてはこれまでは決定的な治療法がありませんでした。漢方薬の小青竜湯や葛根湯は鼻炎などに有効です。また、ビフィズス菌や乳酸菌は腸内環境を整えて免疫のバランスを良くして、アレルギー反応を抑えることがわかっています。

目の痒みを抑えるためには目薬があり、眼科などで処方してもらえます。マスクや鼻の入り口の塗るクリームは花粉が鼻に入る量を減らせるので、効果が期待できます。

最近では症状を軽減できる新薬も登場しましたので、試してみてはいかがでしょうか。

なお、自動車のエアコンに花粉をカットするフィルターを搭載している車種もありますので、これも有効な対策になるはずです。ダーツ02

Filed under: 未分類 — orannge 2:35 PM